〒167-0032 東京都杉並区天沼2-2-17  担当者直通 090-1700-3759

受付時間
9:00~23:00
定休日
なし

お気軽にお問合せ・ご相談ください

03-3392-7783

担当者直通 090-1700-3759

選ばれる理由

選ばれる理由についてご紹介します。

ローザンヌ国際バレエコンクール審査委員長Wim Broeckx先生推薦のクラス

リンバークラスで股関節の可動域が広くなった、ラインがきれいになった、ターンがいつもより回れるようになったなど、ダンサーのテクニック面、芸術面で解剖学的論理に基づいたアドバイスができます。

一人一人の弱み強みを洗いざらいにして、そこからこれからどのようなトレーニングを行えばよいか伝えます。またリンバーストレッチはすべてのバレエストレッチにおいて芸術面も養える事で他のストレッチに勝るものはほかに無いと言っても過言ではありません。ストレッチプログラムですので、定期的に受講されないと意味がないことを伝えています。

音楽性、芸術性、スタミナ、テクニックを兼ね備えたヨーロッパのバレエ学校では必修クラス

「キャラクターが踊れないと、役取はとれないよ!」「音・音・音・音楽をよく聞きなさい、音楽に合わせて踊るんじゃなくて君たちから音があふれ出るように踊らなきゃだめなんだよ。」「ただステップを踏むんじゃない、踊りなさい!」

バレエ団のオーディションで目を引く存在になること、及び全幕のバレエ内には必ずと言って良いほどキャラクターステップがあります。しっかり習得しないと、クラシックバレエダンサーとして大成はできません。

オーディションにとにかく呼ばれるドキュメント制作

今のヨーロッパのバレエ団は、どんな小さなバレエ団でも世界中からオーディションの履歴書類が千通以上集まります。監督がさばききれないのが現状です。その中でいかにオーディションに呼ばれる、目を引く履歴書を作成するか?観てもらえる動画作成にもコツが有ります。大切にポイントを押さえて作ることが大事です。自分の強みを見せられるエクササイズを組み、だらだら粗が見えるようなビデオで終わらせないことが大切です。

個人個人のダンサーの個性を生かして、そのダンサーをいかに興味を持ちダイレクターたちに見せるかを心掛けています。またドイツのバレエ団の監督の監修のもと、オーディションでどのようなことを求められるかを意識したコンテンポラリー作品も提供しています。審査する側が見たいテクニック・音楽性・体の伸びなどを計算しつくして作成されたオークション用コンテンポラリー作品の提供もしております。

顧問の講師陣へ相談できます

顧問として元ローザンヌ国際バレエコンクール審査委員長、Wim Broeckx先生及び元バーミンガムロイヤルバレエ団プリンシパルカレン ドナヴァン先生を通して将来のバレエスクールの相談もできます。

本年度はミュンヘンバレエアカデミーに1人、ハーグ王立コンセルヴァトワール1名、アネットロゼリーダンスアカデミーに4名の生徒を輩出しています。

生徒の将来を第一に考えたプログラム

遠回りをせず、確実にバレエダンサーとして大成させるかにフォーカスを置いています。

今本人に今1番何が必要か、どんなトレーニングが必要かを講師たちで情報を共有しあい、プログラミングできます。結果を出すには目的をしっかり考え、手段を目的と勘違いをしないようにしましょう。

バレエに特化した芸術性を高めながらバレエの身体を作るバレエストレッチ

バレエの悩みすべてが解決できる指導法と全員が解決できる講師です。個々の悩みを丁寧に聞き、個々に対応できるようにしております。

体の悩み・日頃のバレエの悩みをすべて教えてください。1つ1つ解決して参りましょう。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-3392-7783

担当者直通 090-1700-3759

受付時間:9:00~23:00
定休日:なし

※フォーム問合せは24時間受付中